男性看護師と女医さんって・・・馴染めない

男性看護師と女医さん

こんなことを言うと男女差別差別だと怒られるかもしれませんが、私自身は男性と女性それぞれに向いた職業と言うのがあるように思います。

そして私は、看護師と言う職業は、女性に向いているように感じるのです。

看護師の仕事はまさに細かいところにまで気配りができて、優しい立ち振る舞いをすることが要求されます。

荒々しい男の人には余り向いていないように感じるのです。

それでなのかもしれませんが、看護師になる男の人は、何だか精神的に女性に近いものを持っているような気がします。

人と欠点をチクリとする意地の悪さももっているし、男の人の割には細かすぎる様な部分もあります。

けっこうネチネチとしているんです。

そういう人だから看護師になりたいと思ったのかもしれませんが、私にはお姉にしか見えません。

今まで沢山の看護師の男性と仕事をしてきましたが、どんなに顔立ちがいい人でも好きになったことはありません。

はっきり言って同僚の女性と同じ目でしか見れません。

昼食のときなども、女性の中に交じっても何の違和感もなく話に加わっています。

おしゃれの話やランチの話などにもドンドン入っていけるのです。

看護師になる男の人はこういった人でなければ向いていないのかもしれません。

逆に医者と言う仕事は、男性に向いている気がします。

物事を冷静に判断して、感情に流されずに行うことができるからです。

特に手術などは細かい作業を根気強く、長時間行わなければなりません。

そこには冷静に物事を判断する力が必要です。

女医さんでも、たまにさばさばして、テキパキしている方もいますが、圧倒的にヒステリータイプの感情に流される方が多いように感じます。

すごく気分にむらがあって、機嫌が良い時はいいのですが、悪い時はなんにでも当たり散らすようなタイプです。

又こういうタイプの女医さんはプライドが物凄く高いので、看護師に意見されたりすることをとても嫌がります。

別に文句を行っているわけでもないのに、目下の人に言われたくないのでしょうか。

かと言って自分が機嫌がいい時には、ハイテンションで友達のように馴れ馴れしく話しかけてくる時もあります。

感情でひとに接してくるのでとても働きにくいです。

一度嫌いだと思われてしまうとしつこく、根に持ったりもするので、女医さんと接するのはとても神経をつかいます。

このように、男性の看護師さんと女医さんは私にとっては性格的に合わない存在なのかもしれません。

酷い病院なら転職相談してみよう。

スタッフが親身に相談にのってくれるので安心です。 ナース人材バンク

コメントは受け付けていません。