看護師が転職を決意するとき!

怒る看護師

看護師として働くようになって、本当に医者が嫌いになってしまいました。

中には本当にいい先生もいるのですが、多くを占めるのが、高飛車で冷たくて自己中心的な人が多いと思います。

小さいころからお坊ちゃまやお嬢様として何不自由なく育ち、いつも頭がいいとほめたたえられて育ち挫折を知らないからあんな風になるのかもしれませんが、まるで心のないサイボーグのような人たちです。

興味があるのは患者さんと言うよりは、病気に対しての興味だけで、研究対象や自分の腕前磨きのためとしか思えないような人が多すぎます。

ドラマなどでは、とても思いやりがあって素晴らしい医師が沢山出てきますが、余りそういう人を見たことがありません。

特に看護師などは見下している先生も多く、少しでも口出ししようものならたとえ自分が間違っていてもとても不愉快な態度を取られます。

私は今、総合病院からは遠ざかってしまったのですが、辞めた理由の一番は、この看護師という仕事がただの医者の細使いにしか感じられなくなったからです。

特に手術室などは、その要素が満載の場所です。

どんなに勉強しても、手術する先生の好みの介助をしなければ、怒鳴り散らされます。

この場所では、大きな声をだして人を怒鳴りつけても許される場所なんです。

たぶん急いでいて人の命がかかっているからと言うことを名目に、気に入らなければ大声でどなりつけられます。

医者好みのやり方をきちんとやらないと役目を果たせません。

看護師の仕事は全部が結局医者の指示で動かなければならないので、何でも言うことを聞かなければならないのです。

それが、まともなことで叱られるときはまだ、言うことも聞けますが、自分の機嫌や好き嫌いで怒鳴るひともいます。

私は、以前嫌われている医者がやんちゃな職業のひとの蘇生をしているのを手伝っていて、別に悪くもないのにその筋の人の前で怒鳴り散らされたことがありました。

結局その方は病気のため亡くなったのですが、万が一その方々が私に恨みを向けたらどうするつもりだろうと思いました。

この医者はこういったやり方で人をいじめて楽しむさげすむべき人間でした。

今考えてもはらわたが煮えくり返ります。

他にも小さいことを挙げるときりがありません。

実際には医者と結婚する看護師の方も大勢いるため、私がたまたまこういう方に出会ってしまったのかもしれません。

しかし、私の中の医者のイメージはとても悪くて、今自分が患者となって病院に行く時も、とても失礼のないようにびくびくしてしまうときがあります。

いい先生に囲まれていたら今頃あの病院で看護師を続けていたかもしれないと思います。

酷い病院なら転職相談してみよう。

スタッフが親身に相談にのってくれるので安心です。 ナース人材バンク

コメントは受け付けていません。