看護師の身なりについて

看護師のメイク

看護師の基本的な姿勢はナイチンゲールにのように、患者さんのために清楚で質素で、ほがらかでみたいな教えもあり、着飾る事が許されません。

もちろん制服は白衣です。

そのうえ、勤務の時間帯は私が勤めている所では、ピアスやネックレスなどの装飾品をつけることは、許されません。

指輪も結婚指輪ならいいのですが、それ以外の指輪はだめです。

髪型も伸ばすならきちんと束ねられるようにしておかなければならないし、結ばないのなら肩につかない長さでなければなりません。

又髪の色も茶髪にし過ぎたりすると、怒られます。

髪飾りなども、黒か茶色までで、派手な飾りがついた髪飾りをつけることはできません。

メークについても、余りにけばけばしい色の口紅などを塗っていたりすると看護師長さんに叱られてしまいます。

微妙な色の口紅しか塗ることができないんですよ。

そのくせにノーメークでも叱られるんです。

私の同僚が以前アレルギーがあって、すっぴんで仕事に行っていたら、顔色が悪いから見苦しくて患者さんに迷惑がかかると叱られていました。

ちょっと失礼な話ですよね。

なんか、よく考えると中学生みたいだと思いませんか。

髪の毛もおしゃれな美容室で、流行りの髪型にしても職場では、ひっつめ髪でぼろぼろの姿になります。

又普通のOLさんなどであれば、爪を伸ばしてネイルを施すことができますが、看護師は患者さんを傷つけることになるので、爪が少しでも伸びでいるとしかられます。

又ネイルも透明以外はだめです。

ネックレスや指輪なども患者さんを傷つけたりするかもしれないからか、見つかると外しなさいと注意されます。

香水も匂いがきついので、患者さんが吐き気を催すかもしれないのでできません。

若くして、エレガントに努めたいと思う人にはとても不利な仕事だと思いませんか。

患者さんと言う名のもとにすべてのおしゃれはとりあげられるのです。

その鬱積が出てくるのか、看護師は私服が派手な人が多いような気がします。

日ごろ質素な身なりを強要されているからでしょうか。

ちなみに私もものすごく私服が派手で、ヒョウ柄大好き人です。

休日などは派手な格好をして化粧バリバリで出かけてしまいます。

折角若い日々をとても地味にアクセサリーもつけられず働いているんです。

休日位派手にしなければもったいないです。

この間外出先で職場の先輩に偶然会ってしまったのですが、後で誰だか全くわからなかったと言われてしまいました。

休日のような格好で働いてみたいというのが、私の夢なんです。

酷い病院なら転職相談してみよう。

スタッフが親身に相談にのってくれるので安心です。 ナース人材バンク

コメントは受け付けていません。