看護師は忍耐が必要

看護師病棟

わたしはの母が病弱だったため、高校生の時看護師さんの姿にあこがれ夢の看護師になりました。

ひたすら患者さんに優しく、テキパキと点滴を交換していく姿にこれが私の目指す姿だと思ったのです。

確かに看護師という仕事は、本当に素晴らしい仕事だとおもいます。

しかし、私はこの仕事を1文字であらわすならば、と表します。

この仕事は、心理学のエゴグラムというものを行ったとき、ひたすら優しい人に向いている職業だそうです。

警察官は、真逆で自分にも人にも厳しい人が向いているみたいです。

私は、もともと気が強くそんなに優しいタイプではないように感じます。

そこに職業とのギャップが常にありました。

患者さんは、それでなくても、自分の重い病気に耐え切れず精神状態はかなり悪いと思います。

それは、わかっているのですが、理不尽なことで文句を言われる場面が多々ありました。

医者といえば、そうでない人もたまにはいますが、とてもプライドが高く、わたしには、看護師を見下している態度の人が多かったようにおもいます。

まだ、職業が違うのだからと割り切ってくれる人はいいのですが、失敗をばかにしたり、意地悪をしてくるひともいました。

どこの世界でも同じかもしれませんが。

ということで、あこがれて入ってみた看護師の世界はそうそう甘い世界ではなかったのです。

しかしそれでも一生懸命がんばり10年ほど、そこでがんばりました。

10年も同じ場所にいると、かなりベテランになりその部署ではかなりいろんな技術を熟知した人間になります。

ところが、私がいた病院は、ある程度の年数がたつとほかの部署に異動しなければならなくなったのです。

一応希望の書かされました。

しかしここだけは、行きたくないと書いた場所に無理やり異動させられたのです。

今思えば、不満を言ってもよかったのかもしれませんが、私は泣く泣くその命令に従いました。

その時思ったのは、医者は、専門があるのになんで看護師は積み上げたキャリアをゼロにしてまた1からやりなおさなければならないのだろうと。

今は、専門看護師制度などができてある程度専門性が認められていますが、その時は、何でも使いまわすというのが看護師のようにおもえました。

おまけに、異動した部署は専門性が求められる部署で、0からのスタートとなりました。

自分には向いていない仕事の連続。

又、自分より随分若い人に虫けらのような扱いをうけました。

自分の方がものをしっているというのは、本当に強いことなのでしょう。

容赦ない罵声が毎日飛び交いました。

医者からもおなじで、何もわからない看護師というものはこんな扱いをうけてもいいのか・・。

と毎日顔が痙攣でぴくぴくするのをこらえて働きました。

しかしこれ以上ここにいたら、精神的におかしくなるかもしれないと思い、丁度結婚する予定もあったので、思い切って退職することにしたのです。

今になって思えばあんなに我慢する必要はなかったんですよね。

こんなに沢山転職を支援してくれるサービスがあるのだから。

あの頃の私に教えてあげたいです。

酷い病院なら転職相談してみよう。

スタッフが親身に相談にのってくれるので安心です。 ナース人材バンク

コメントは受け付けていません。